Img_42a868e66788a37299392da9fd7dff96
店主業のかたわら、2016年のクリスマスイブに
“草とten shoes”としてライブデビューして以来、
2ヶ月に1回のペースで(ひそかに)ライブをしています。

メンバーは、
ピアニカ&グロッケンが等々力にある家具店
“巣巣”店主・岩崎朋子
鍵盤担当が草作家・イシカワアユミ、
ギター&プロデュースが、五十嵐祐輔の4人編成。
(ten shoes =店主S、、、小声)
山田稔明さんや夫が作ってくれた
オリジナル曲を演奏しています。

molnのお客様にヤマハの先生がいらして、
「とってもおすすめのボイトレの先生がいますよ〜」
とご紹介くださり、
春から月に2回のボイストレーニングに通い始めました。

K先生のボイストレーニングはじめての日。

ドキドキしながら、課題曲とかあるのかしら?
腹筋を鍛えたりするのかしら?と考えていたわたしを
ハッ!とさせるような、目から鱗の授業なのでした。

先生曰く、
リラックスした正しい姿勢と呼吸で
息を送ることができれば、
自分でも知らないような本来の声がでるそうで、
そのためには過去の経験から蓄積された体の癖や、
脳の思い込みを剥いでいく。
新しい技術を身につけて「足す」のではなく、
いらないものを「引く」というのです。

脳の思い込みは、自分が思うよりもずっと私たちの行動を決めています。

過去の経験=脳の判断基準になるので、
新しいことを始めるときに危険信号を投げかけるのです。

たとえば、二足歩行をしている私たちは普段胸式呼吸ですが、
歌うときは腹式呼吸の方がリラックスして体全体に響く声が出せます。

でも脳は、ふだんの生活で腹式呼吸をしたことがないので、
「ぜったい息が苦しくなるから!胸式の方がいっぱい息吸えるから!」
と無意識のうちに、胸式呼吸をすすめてくるのです。
でも、根気強く
「腹式呼吸、大丈夫だよ!苦しくないよ!」
と脳に逆司令します。

脳のいいなりにならないようにする、
意識を自動化しない、という練習のようです。

そう思うと、私たちは自分で考えているようで、
思い込みが多いなぁ、と思うのです。
脳は「変化すること」「新しいこと」が苦手です。

それは、失敗したくないから。
痛い思いをしたくないから。

それを知った私は、
はじめから失敗を望むわけじゃないけれど、
失敗のない成功は、そんなに楽しくないなって思いました。

私たちの誰もが初めから完全な人間なんていないから、
失敗したっていいよなって。
いろんなことを、経験するために、生まれてきたようなものだから。

“草とten shoes”で経験することは、はじめてのことばかり。
こわいなーって思うと、ガチガチに緊張してしまう。

だけど今は結果より、周りの評価より、
ただただ私が感じること、その過程の変化を、
誰より自分が楽しめたらいいな、と思ってます。

そんなわけで、今年の12/24も
“山田稔明さん”と“草とten shoes”クリスマスライブです!

去年と同じように、
でも去年とは全然違う私たちになって。
楽しんで演奏したいと思います。
ぜひ聴きにきてくださいね ♪
Img_750ec22c2fa2ce5a508c1e1b8cd8df93
心地よいことをしていると
自分をもっと好きになる

自分を信じていると
ふと新しいことがしたくなったりする

モルンにある雑貨たちは
どういう作品かというのと同時に
どういう人が作っているのかが
すごく大事なことです

きれいに清く正しく真面目に
整えられているのが大事でなくて
あるがままであること
唯一無二であること
役割を担いその本質に物語が流れていること

なにかを生み出すというのは
幾億にも重なった偶然の賜物で
その役割は自分の意思を通り越した
役目のようなものだから

そこには消えそうな自我があるだけなのに
確かな存在感がある

偉そうなことをいえないけれど
その光を感じるものを選ばせてもらっています





いちばん大切なもの 
それをこの歌だと思うなんて 
それはおかしな感情だと思う 

誰が歌っているのかも知らないし 
偶然 なんどか聴いただけ 
レコードもないし
ラジオでもかからない 

そんなこの歌を雪道を歩いていて 
穴におちるようにそう思うなんて 
おかしいけど 

忘れないでいる 

日々この歌を頭の中でくりかえして 
歩いたりしてる 

「ほんとうに大切なものとはなんでしょう?」 




誰かにとってほんとうに大切なもの

それは簡単に手に入らない
みつからない
流行では満たされない

わたしがわたしでいるために
必要なピースは
思いがけぬところにある

あなたにとって
そのピースが
ここにあればいいな

わたしはいつもそう思っています

毎日の暮らしに
一緒にあったら幸せな気持ちになるもの
自分らしさを思い出すものを
持ち帰ってもらえたらうれしいです
Img_884624f07d1ef99909d71146a66e021b
今日からこの場所で、
すこしおしゃべりを始めることを決めました。

molnというお店をどういう気持ちで開いているのか
移ろいゆく日々のなかで思うこと、
感じることを文章にしたいな、と思ったのです。

お店の取材にきてくださる方に、
「どうしてお店を始めたのですか」
「お店のコンセプトはなんですか」
と訊かれることがあります。

私がお店を始めたのは
“Belle&Natary”という本に由来します。

2002〜2003年にかけて、山の上で暮らしたなかで、
1人の女の子と出会い詩や物語を交換日記しているうちに
“Belle&Natary”という物語を共に紡ぎ始めました。

物語の登場人物は、ベルとナタリー。
そして、ふたりの家を訪れる動物たちや
周辺の森に住む不思議な人たち。

山の上の暮らしは娯楽がないので、星を眺めたり、絵を描いたり、詩を書いたり。

その暮らしで出会う人たちは、自然に近い分あるがままの姿で
欠点さえも愛おしく、パズルのように補いあっていました。

その暮らしの中で起こることを物語にすることで
私たちは生きていることを初めて肯定できたのでした。

「生きることは物語を紡ぐこと」
という河合隼雄さんの言葉がありますが
私にとって“Belle&Natary”の物語はまさに
生きることの意味を知るための作業なのでした。

それから山をおり、町での暮らしは、自然と人、
人と人の距離感がまったく違いました。
私は、“Belle&Natary”の物語の中のような場所を、
いつも探していました。

その場所が、鎌倉でした。
会わなくても、思うだけで気持ちが明るくなる。
出会ったばかりだけどずっとずっと前から知っている気がする。
お兄さんみたい、妹みたい、恋人みたい、隣人みたいな人たち。
この町ではそんな人ばかりと出会います。
あの角を曲がっても、スーパーマーケットでも
その先の駅までの道でも。

このままずっと、こんな風に暮らしたい、と思える場所。
一人が夢を見て、ほかの人が叶える。ほかの人が夢を見て、一人を大切に思っている。

この町の人たちは家族。
家族はどこまでも切れ間なく増えていく。
続いていく。happily family。

“どこに住むか”
毎日目にするなにげない景色や町のペース。
どんな人と関わるのか。
それは日々、地層のように積み重なって、
人生を形づくっています。

山を下りた後も、
ベルとナタリーの物語は続いていきます。

いつしかベルがお店をする章がでてきて、私は
「“Belle&Natary”にでてくるお店が実際にあったらいいな」
とふとお店を始めてみようかと思ったのです。

物語は頭の中にしかないけれど、
それが実際に行ける場所だったら
なんてワクワクするんだろうって。

それが、molnの始まりです。