Img_dc47ccf4d2474bc30e93f5c2f31f9c58
今年の6月にバルトとフィンランドを旅して持ち帰った
「森からの贈りもの〜ラトヴィア・リトアニアの手仕事〜」
をおひろめします。

柳や白樺で丁寧に編まれたバスケットや、
林檎やチェリーの木から生まれた木のカトラリー、
各地方のミトン、伝統的な模様に願いが込められたステンドグラスや
民族衣装から作られたbag、手紡ぎの繊細なストールやスヌードetc...
美しい国の実直な手仕事をご紹介します。

写真家・かくたみほ さんのラトビアとリトアニアの写真展も同時開催。
遠い国の深い森と人々の優しさを感じていただける展示になると思います!


「森の贈り物」at moln
ラトヴィア・リトアニア展
2018年9月19日(水)〜10月4日(木)
open 11:00-18:00
close 9/25,10/1,10/2


旅の仲間、等々力・巣巣さんでの展示(9/11-24開催 )とのスタンプラリーで
各店舗500円以上お買い上げのお客様には、
旅のおもしろコバナシ満載の「旅日記」(五十嵐祐輔著)の冊子をプレゼントします。

photo by かくたみほ

Img_70d9071b67348304a0767b00bf26dc6c
次回のライブは…
10/5(金)から始まるmiyazono spoon 宮薗なつみさんの個展に合わせ
「優河」さんが歌を届けてくださいます!

2018年10月6日(土)
miyazono spoon for Autumn exhibition live
「食卓に灯すあかり〜貸切り図書館64冊目」
live : 優河
open : 18:00 start : 18:30
charge : ¥3000(+1drink)

◎夏季休業明け9/12(水)11:00からmolnにてご予約開始

タイトルを「10/6 優河ライブ」として、
・お名前
・人数
・お電話番号
をご明記の上、
mail belleandnatary@yahoo.co.jp
又は
tel 0467-38-6336(水〜日、11:00〜18:00)
までご予約ください。

メールでお申し込みのお客様には、折り返しご予約完了メールを返信いたします。
2〜3日以内にご返信しております。
ご返信がない場合は、メールが届いていない場合がございますので、お電話にてご確認ください。



【優河】
1992年2月2日東京生まれ。2011年からシンガーソングライターとしての活動を開始。

2015年11月、プロデューサーにゴンドウトモヒコを迎え、
1stオリジナルフルアルバム「Tabiji」をリリース。2016年3月から全国ツアー「舟の上の約束」
を開催、10月よりNHK Eテレ「シャキーン!」に提供した楽曲『朝にはじまる』がオンエアされる。TVCMナレーション(UNIQLO、POLAなど)や、TVCM サウンドロゴを歌唱するなど、
活動をひろく展開している。

2017年2月、渋谷Mt.Rainier Hall PLEASURE PLEASUREでのワンマンライブを満員御礼で終え、
同日、おおはた雄一との旅の集大成となるミニアルバム「街灯りの夢」(ライブ会場限定販売)
をリリース。
最近はベース千葉広樹とのデュオ編成や、岡田拓郎などを交えたバンド編成でのライブも多く、
弾き語りとはまた違った音像で好評を博している。
全国各地でツアーライブも精力的に行なっている。
2018年3月2日に待望の2nd full album”魔法"をP-vineレコードからリリースした。
Img_a21515c5982d345bbc68e8049c86f887
Img_7741fc07a1e23d0ac922ed6dc6b812d6
miyazono spoon for Autumn exhibition
「食卓に灯すあかり」
2018年10月5日(金)〜10月8日(月祝)
open 11:00〜18:00
(10/6のみ11:00〜16:30)


昨年に引き続き、
miyazono spoon 宮薗なつみさん
の個展を開催します!

新作 “miyazono spoon for pie”
はパイのために作られたスプーン。

ザクザクと切れて、
最後のパイ生地までしっかり掬えます。
麗しい西洋食器を思わせるフォルムも美しく、
革命的なスプーンが出来上がりました。

そのほか、定番のスプーンも登場しますよ!

展示を記念して
2018年10月6日(土)
miyazono spoon for Autumn exhibition live
「食卓に灯すあかり〜貸切り図書館64冊目」
live : 優河
open : 18:00 start : 18:30
charge : ¥3000(+1drink)


最終日は、
《秋のお茶会》
〜miyazono spoonでいただくアップルパイ〜

〈miyazono spoon for pie〉
“こんなスプーンがあったらいいな。”
パイを美味しく食べられるスプーンが生まれました。

秋のお茶会では、weizen kamakuraさんに
アップルパイをご用意いただきます。

2018年10月8日(月祝)
①11:00〜満席
②13:00~満席
③15:00~満席
各回4名様
参加費: 4500円
(アップルパイspoon+アップルパイ+drink付)

○ご予約はmolnまで
タイトルに「10/6 優河ライブ 又は 10/8 お茶会」とつけ、

・お名前
・人数
・お電話番号
をご明記の上、

mail belleandnatary@yahoo.co.jp
又は
tel 0467-38-6336(水〜日、11:00〜18:00)

までご予約ください。
メールでお申し込みのお客様には、
折り返しご予約完了メールをご返信いたします。
Img_22e03d6781c37ed8e3a64f3687769c66

草とten shoes
1st Album 「月曜日にさえずる」
2018.11.1 発売が決まりました!

moln店主も参加している、4人の店主たちが集まって結成した新人バンド
「草とten shoes」が初のアルバムをリリースします。

プロデュースをメンバ ーでもある五十嵐祐輔(fishing with john)が担当。
五十嵐がサポートを務める山田稔明(GOMES THE HITMAN) も楽曲提供やコーラスなどで参加し、
安宅浩司がペダルスティール、マンドリンなどで参加。
エンジニアはハンバート ハンバートなどを手がける上野洋。

五十嵐が紡ぐアコースティックギターのアンサンブルに、
岩崎朋子とイシカワアユ ミの演奏する鍵盤ハーモニカ、グロッケン、トイピアノなどの
おもちゃ楽器たち、佐々木綾の初々しくも凛としたボーカ ルが聴く人の耳を惹き付ける、
心地良いフォーキーサウンドに仕上がりました。
メンバーが敬愛する友部正人のカバ ー「私の踊り子」も収録。

アルバムタイトルの由来はそれぞれのお店の定休日が月曜日であることから。

レコ発イベント第1弾は…
2018年10月20日(土)at 巣巣
「草とten shoes」1stアルバム「月曜日にさえずる」発売記念ライブ

出演:草とten shoes 山田稔明 
ゲスト:上野洋
18:30開場 / 19:00開演
3500円 お菓子付

◇草とten shoesレコ発ライブ&展示スケジュール◇

11/3(sat)~ 「草tenの展」四人展 at 台湾台中市 實心裡 生活什物店

台湾ツアー
11/2(fri)台湾 新竹、3(sat)台中、4(sun)台南、5(mon)台北

11/24(sat)鎌倉 moln.
共演:高橋久美子、青羊(けもの)

◇ 草とten shoes プロフィール ◇
岩﨑朋子の呼びかけで2016年に結成。バンド名の由来は店主の複数形(テンシューズ)から。
バンド初心者であるお 店の店主たちがある日突然バンドを組み、ライブ活動を始め、
アルバムを制作するまでわずか2年間というストーリ ーが話題を呼ぶ。
ライブではこれまで山田稔明、直枝政広(カーネーション)、近藤研二、高橋徹也、
高橋久美子(exチ ャットモンチー)、女優の片桐はいりなどと共演。

◇ メンバー ◇
・佐々木綾(ボーカル)
鎌倉で雑貨や洋服、海外のアンティークなどを扱う「moln」の 店主。
「貸切り図書館」という本と音楽 にまつわるライブイベントも定期的に開催中。

・岩﨑朋子(リーダー)
今年で開店15周年を迎えた等々力にある家具と雑貨の店「 巣 巣 」 の 店 主 。
著 書 に 「 小 さ な 巣 を 作 る よ う に 暮 ら す こ と 」( S B ク リ エ イ テ ィ ブ ) が あ る 。

・ イ シ カ ワ ア ユ ミ( ピ ア ノ )
鎌 倉 で ア ト リ エ「 B O A T 」を 主 宰 。鍵 盤 奏 者 。
草 や 布 を 使 っ て 作品を制作する作家業の傍ら、朗読とピアノのユニット「象の音楽」でも活動中。

・五十嵐祐輔(ギター)
春日部と鎌倉に工房を持つ張子人形店の店主。
ソロユニット「fishing with john」としてこれまでに4枚のアルバムと2枚のDVD作品をリリース。

Img_89e68a529198a0e2361149027eb08cd7
「草とten shoes」アルバム発売に先駆けて、
敬愛する素晴らしい4名にリコメンドコメント をいただきました!

【「月曜日にさえずる」に寄せて】
山田稔明(ミュージシャン)

音楽を生業にしていると、“音を楽しむ”という文字通りのことをついつい忘れてしまっている刹那に気づいて、ため息をつくことがある。
日々の忙しさにかまけて大切なことを適当にやり過ごしてしまったり言い訳をしてしまうときに、背伸びをして真っ直ぐな目を向けてくる猫と見つめあって「ああ、ちゃんとしなくちゃな」と思うときがある。
草とten shoesの音楽を聴いて感じるのはそういうときに思うような、立ち止まって振り返るという感覚。
間違っても何回だってやり直して、初期衝動を決して忘れないということ。
ビギナーズ・ラックが永遠に続くような軽やかな楽団になってほしい。



【月曜日の魔法】
高橋徹也(ミュージシャン)

ライブ翌日の午後だったか。まだ少し疲れの残る頭と体で、ぼんやりと草とten shoesのデビュー・アルバム『月曜日にさえずる』を聴いていた。
凄く良かった。最初から最後までずっと心地良い時間が流れていた。
あれこの感じ、前にどこかであったような。まだピントの冴えない頭が考える。
そう、それはいつかの月曜日の魔法だったのだ。
雑貨屋さんの店主が始めたこの異色のバンド。
それぞれのお店の定休日が月曜日という偶然に導かれ名付けられたタイトル。
かつて僕も雑貨屋さんでバイトをしていた時、やはり定休日は月曜日だった。
賑やかで慌ただしい週末を終え、人出の少なくなった街並みを歩くのが好きだった。
澄んだ空気。まだ誰の足跡も付いていない真っさらな雪原を歩くように。
このアルバムを聴いていると不思議とそんなことを感じてしまう。
月曜日の店主たちが奏でる音楽に、僕はすっかり魅せられてしまったのだ。



【「月曜日にさえずる」を聴いて】 
はしもとみお(彫刻家)

よく晴れたお休みの日にホームパーティひらいて、大好きな仲間たちを呼んで、洗濯したテーブルクロスをひいて、美味しい料理をならべて、そんな時に聴きたい音楽。
さわやかな朝や、風の吹く日のドライブ、休日のお部屋のお掃除なんかにもぴったりくる。
日々の生活のたくさんの風景で、愛らしいこの手描きの手紙のような音楽が、私の心の奥にほんの少しの勇気をあたえてくれる。
それは、出不精で人見知りな私に、「さあ、お出かけしてみよう、人と会ってみよう!」みたいな、勇気。 
そうか、扉のような音楽なのかもしれない。



【鮮やかな景色が見えてくる】 
青羊(けもの) (ミュージシャン)

草とten shoesのリーダー岩崎さんが以前言ってた「一日の終わり、好きな人と美味しいものが食べれれば、だいたいOK」という言葉を私は何度も思い出すんだけれど。
その言葉が曲に詰まっているなと、思いました。
日常、耳を澄ましていると聴こえてくるもの、が音となり、じんわり幸せ。
歌詞に色がたくさんでてくるから、目の前に鮮やかな景色が見えてくる。
桃色爆弾がわたしのイチオシ。
Img_a7e9958737776f532ce68137d6579cd8
Img_196bfa04e8eef52e9b6fea34816151aa

比屋定篤子 with 笹子重治 "風と鱗" 発売記念ライブ・デュオ編
「貸切り図書館65冊目」
2018年10月31日(水)
出演:比屋定篤子(vo) 笹子重治(gt)
開場18:30 開演19:00
料金:3,000円(+1drink)

◎ご予約は9月26日(水)11:00〜molnにて受付開始

タイトルを「10/31 貸切り図書館65冊目」として、
・お名前
・人数
・お電話番号
をご明記の上、

mail belleandnatary@yahoo.co.jp
又は
tel 0467-38-6336(水〜日、11:00〜18:00)
までご予約ください。

メールでお申し込みのお客様には、折り返しご予約完了メールを返信いたします。
2〜3日以内にご返信しております。


【比屋定篤子】
シンガー/ソングライター
沖縄県那覇市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒。大学在学中に、
ラテン音楽研究会というサークルでバンドを結成し音楽活動を開始。
オリジナル曲を作るようになり、都内ライブハウスなどでの活動を精力的に行う。
1997年、ソニーミュージックよりCDデビュー。7枚のシングル、3枚のアルバムを発表。
2001年に拠点を故郷の沖縄に移す。2004年以降はハピネスレコードより作品を発表。
アルバム3枚、「流線形」とのコラボレーションCDをリリース。
2015年、沖縄わらべうたを歌とピアノのみで録音したアルバム「RYUKYU STANDARD」、
2016年には自身初のベスト盤となる「昨日と違う今日〜比屋定篤子ベスト&レア」リリース。
オリジナルCD最新作は2017年末発売となった「風と鱗」で、2018年6月にはLP化された。
その他、オムニバスアルバムなど、参加作品も多数。

比屋定篤子Official Web site
www.atsukohiyajo.com
Img_e5fffaa80d69d5f5197a6c1f82cfe6ad
Img_e41cc42930f4abe92ed36dceeecef3dc
Img_a0795e74746b86378d737409b00aa6e8
Sa-Rah BOOK RELEASE EXHBITION
-Sa-Rah著書本出版記念展示会-
2018 AW collection

2018年10月10日(水)〜28日(日)
open 11:00〜18:00
close 月火

この春、Sa-Rahの初著書本となる
「10の型紙で着回す毎日の服」が
文化出版局より出版されました。

それを記念し、「2018年秋冬collection」は
本の販売とそれに掲載されたお洋服と生地を
中心に毎日着回せるお洋服たちを展示販売させていただきます。

毎日の暮らしのなかで肩ひじ張らずに
いろいろなお洋服と合わせて
いろいろなシチュエーションで
幾通りにも着まわしを楽しめる
Sa-Rahのお洋服たち。

初めての方も だいすきな方も
この良き季節
ぜひ鎌倉まで足をお運びくださいませ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!