Img_672a47752eab29475878ef202e30e71abb543cfe
こんにちは

冷たい風吹く毎日ですが
ひざしがやわらくて 青く青く抜けるような空
庭のクロッカスも芽をだして 
まだ葉のない木々にも蕾 
もう春です

CLOUD BLDG.は もうすぐ1歳

お店づくりは 出産ににている気がします
この世に生を受けてから出会った人
目にしたもの 感じたこと 
読んだもの 考えたこと 
身体をつかって経験したこと 
味わったこと 想像したこと
ありとあらゆる経験が蓄積されて
結びついて 体外にでる

親は出産をすると 子どもが自立するまで面倒をみます
やがて子どもは 個人として歩き出します

moln はわたしの体内から生まれたものだけれど
お店としての自我が備わっている 
子供のような存在なのかもしれない と最近おもいます

わたしとお店はつながっているけれど 一体ではなく
すごく近くに向き合っているもの同士

ものづくりも同じことで
作品がいったん作り手の元から飛び立つと
作者の意思を越えて 行くべき場所へ向かいます

陶芸家・ハンス・コパーのことば
「どうやって作る」のかが大事ではなく
「何のために作る」のかを考えなくてはならない

その目的は きっと人それぞれに違い
ただしい、間違いということではなく
頭よりも魂が知っている
生まれてきたからには まっとうする使命があるのでしょう

もう一度 原点にかえって 
2年目をむかえたい とおもいます



11日に発生した東北地方太平洋沖地震

今もなお被災されている多くの方々

現地で必死に救助活動をされている方々

テレビの中で繰り返される現状の報道に 胸が苦しくなります

一刻も早くひとりでも多く救助されますよう 心からお祈り申し上げます

この地震で尊い命を失った方々のご冥福を 心よりお祈り申し上げます




鎌倉ではお客様もスタッフもお店も被害はありませんでした

発生当初 津波の恐れありとtwitterを通して

たくさんの方に知らせていただいたこともあり すぐに避難をしました 

地震が起こる直前に停電になり 

情報を得る手段がなくなっていたので とても助かりました

NHKの放送をUstreamで配信してくれていたのも 貴重な情報源でした

外へ出て 友人の店に安否を確かめにいく途中

信号が機能していない道路で 人力車のお兄さんたちやご近所の住人たちが

手旗信号で すぐに率先して交通誘導をしてくださっている姿

次々と閉店していくお店を前に 混乱している人たちに

おにぎりを配っているラーメン屋さん

避難場所である御成小学校は 真っ暗闇で断水も始まり

修学旅行中の小中学生の大騒ぎが加わり ストレスフルな環境

協力しあうという人のあたたかさ と 自分のことだけ考えてしまう身勝手さ

両方の人間の姿が丸裸であらわれ

あっというまに 日常が非日常に変わっていきました

その後電気が復旧し みんなの心がだいぶ前向きに変わった気がします

横須賀線の復旧の見込みはたたず お店で夜を明かしました

私のこんなほんの小さな経験ですら おなかのなかが不安と心配でいっぱいになりました

家族や恋人は無事だろうか 親戚は被災していないだろうか

ともだちは?いまひとりでいる人は大丈夫だろうか?





被害が拡大していく様子を 画面を通し知り

家や大切なひとを失った方たちに 余震が続き長いあいだ不安の中にいる人たちに

私ができることは何だろう? 

なにが正しい行動か最善の行動か?

答えが出ないまま 日曜日はお店を開店しました

被災していない方も見えない傷を負っているように見えました

私にとって社会との接点はお店であり 

雑貨というのは生活必需品ではないけれど 癒しになりうるものだと思いました

わたし自身もテレビの前で ラジオの前で ずっとニュースに触れていると

胸がわさわさして いてもたってもいられなった

その中で中圓さんの器を購入してくださったお客様がいらしたとき

この売上を義捐金の足しにしよう と思いました

お店の電気もできるだけ節電して 被災地の足をひっぱることだけはしないようにしよう

わたしの行動が正しいかどうかは わからないけれど

少しずつでも身近な取り組みと 前向きな心を運ぶことが集まれば

大きな力になると信じてます
Img_552d5e61c456192758f65b2bd1c547f8063e6050
あの地震の日から 10日が経ちました
いままでのどの時間より 重みがあった気がします

CLOUD BLDG.は全店かわらず営業しています
なるべく 電気をつかわないように
暖房をつかわないようにしているので
きてくださったお客さまには
大変ご不便おかけしています
申し訳ありません

moln として 今何ができるのか 考えています

昨日 キャンドル作家のnuriさんよりご提案で
「エルムの森で」というキャンドルをチャリティーで
作ってくださるとのご連絡をいただきました

夜の計画停電で 懐中電灯やランタンを使ってらっしゃる方も
キャンドルは目を離さぬように、より注意が必要ですが
nuriさんのキャンドルをぜひ使っていただきたいと思います

nuri candle の売り上げ全額と 
震災以降molnでお買い上げいただいた方の売り上げの1割は
義援金として、日本赤十字社を通して寄付させていただきます

こんな毎日のなかで お店にきてくださっているお客様に
ほんとうに感謝しています
見知った方のお顔をみると 安心します
初めての方も 挨拶をすると 元気が戻ってきます

できることは ほんの少しのことですが
心を込めて やらせていただきます

nuri candle 「エルムの森で」の販売は
23日(水)〜となります
nuri candle  (Click!) 

宜しくお願いいたします