Img_894441592f6af7b0b7ee3e2f5ecacd5a
昨年に続いて再び、「貸切り図書館」に、
カーネーションの直枝政広さんご出演です!

直枝さんの本にまつわる貴重なトークを聴けるスペシャルなイベントです。
チケットは、すぐになくなるかと思うので、ぜひお早めのご予約を。

2017年9月3日(日)
「貸切り図書館51冊目」
出演:直枝政広(カーネーション)
開場18:00 開演18:30
前売り¥4000(+1drink)

◎8月12日(土)13時より
カーネーション公式webにてご予約開始

 (Click!) 


----------------------
直枝政広 プロフィール

1959年生まれ。1983年カーネーション結成。
1984年に 直枝政太郎名義でオムニバス『陽気な若き博物館員たち』
(水族館 /徳間ジャパン)でソロ・デビュー。
同年、カーネーションがシン グル「夜の煙突」(ナゴムレコード)でレコード・デビュー。
以後、カーネーションは数度のメンバーチェンジを経ながら数多く の傑作アルバムをリリース。
2000年には直枝政広としての初ソ ロ・アルバム『HOPKINS CREEK』を発表。
同時に鈴井貴之初監督作品『man-hol e』のサウンドトラックも手がける。
2007年に初の著作となる 『宇宙の柳、たましいの下着』を上梓。
カーネーションや、鈴木惣 一朗とのユニット:Soggy Cheeriosの活動と並行し、
ソロ活動や執筆、プロデュース 等、精力的に活動中。
2017年9月にカーネーションの17枚目のアルバム『Suburban Baroque』を発売。