Img_cc33e86924ed268740ac765439b41ea0c1bc9250
moln というのは くもの意
そらに浮かんでいる 雲

押し花作家で イラストレーターでもある
mmさんに molnの絵を描いていただきました

すべてのはじまりは
BelleとNatary という女の子が出会い
ものがたりが 生まれました

空想の物語は 生きていて
書くと進む 現実の物語でありました
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」みたいに
本の中の世界と 現実の世界は リンクしていたのです

その物語のなかに お店があり
そこに集う人たちがいて
その人たちに現実に会いたいな と思いました

現実と夢の重なる部分
そんな場所をみつけたくて
moln は始まりました

場所があれば 扉があれば
いつだって 物語とつながっていられます
会いにくることができます


空想は曖昧模糊としたもので
霞のように消えてしまうものだけど

あたまのなかにあるものは
ちゃんと存在すると思います

例えば
こんな人に出会いたいなと思って
でもまだその人と出会っていなくても
その人はこの広い世界のどこかに
かならず存在していると思います

mmさんが 絵にしてくれたものは
目にした瞬間 胸がいっぱいになるような
いろんな気持ちが込められた 温かな絵でした

SHOP CARD にしてお店においていますので
どうぞご自由にお持ちくださいませ