Img_24c0c4060eea364266e2997f94aefbee7c9ff6ad
こんにちは
お知らせがだいぶ遅くなってしまい 申し訳ありません

桜の木に たくさんの新緑がまざり
待ちに待った 春がやってきましたね

moln では ゴールデンウィーク中 
京都を拠点に活動されているキャンドル作家
nuri candle の個展を開催します

nuriさんのキャンドルは うさぎやヒツジ つぼみ りんご エルムの森etc..
灯すのが惜しく コレクションをして ドールハウスのように
ひとつの世界を作りたくなるような キャンドルです

今回 moln の活版印刷台に並べていただくのは
宮沢賢治の「十力の金剛石」からイメージした鉱石のキャンドル

こんな物語です

王子は向こうの鈴蘭の根もとからチクチク射して来る黄金色の光を
まぶしそうに手でさえぎりながら、
「十力の金剛石ってどんなものだ。」とたずねました。
 野ばらがよろこんでからだをゆすりました。
「十力の金剛石はただの金剛石のようにチカチカうるさく光りはしません。」
 碧玉のすずらんが百の月が集った晩のように光りながら向うから云いました。
「十力の金剛石はきらめくときもあります。かすかににごることもあります。
ほのかにうすびかりする日もあります。ある時は洞穴のようにまっくらです。」
・・・・・ 
(宮沢賢治作 「十力の金剛石」より)


「標本箱」
2011年4月29日(金)〜5月8日(日)
11:00-18:00
期間中無休