Img_19970f1bfb281cd7793f00bb214f5dc03d95c293
moln の一角で 静かに大きな存在感を放っている
tegamiya クリスマス新作展示 “ night , light , moment ”
残り3日です

作品はひきつづきお取り扱いさせていただきますが
原画や 作品作りにおいて影響を受けた鉱石やアンティークレースの展示は
12日まで 見応えたっぷりになっていますので
ぜひぜひ お見逃しなきよう 足をお運びくださいませ

14日(火)からは
petitricot ボタン展「continue」が始まります

petitricotさんのくるみボタン
ボタンにとじこめられた小宇宙はすごいのです

糸を紡いで染め 刺繍や織りで風景が描かれています
その小さなボタンに込められた 細かな手作業をみていると
何か祈りに似たものを感じ 神聖なきもちになります

今回の展示のテーマは 「continue」

刺繍や編物の伝統的なパターン
そこには 身近な自然や むかしからの言い伝えや神話が
ことばではないかたちで表現されています
それは 長い長い時間をかけて 遠い旅をした模様で
これからも 長く続いていくもの
残っていって欲しいものです

「どこまでもつづいていきそうな風景を
 文様に映してボタンに描く」

petitricotさんのボタンに魅了される理由は
その刺繍の中に 普遍的な世界感を感じるからだと思います

ボタンは手漉き和紙にちょこんと繋がれ 鈴がついて
桐のハコにきちんと収められています

そして ひとつひとつに名前がついています
例えば 「粒風の船(ryufu-no-fune)」
海風が吹き抜ける時遠くに浮かぶ船のような波粒を
イメージして作られているそうです
万葉集から引用された 古く美しい響きの名前です

実際に手に取って 身近にみつめてみると
その手仕事のすばらしさを実感していただけます

ぜひ足をお運びください!

petitricot ボタン展
12/14(火)〜26(日)
※20(月)休