Img_585c4bd5dc84101487420fee6d3834aa11ff5b7b
ひとはみな 大人になって 

庭を巡る金色の光

行き交うミツバチのささやき 

みんな 忘れてしまう

草の間で行われる 些細なものがたりが 空想の靄を広げ 

視界のほとんどを埋め尽くすような思いをしなくなる

でもいま 目の前にある毎日は

その場所から 遠く離れているようで

ほんの近くかもしれない

子どもの頃 頭のなかにだけあった世界が

いま別のかたちで 次々に現実に起こる

だれにとっても 毎日は夢のつづき