Img_3d5e57099717faa71b7e61407d2bb7be
Img_f4dc9f63cf16c4ebca2ed0d5cbaa129c
夏の終わりにふと
さみしい気持ちになるのは
なぜでしょう

ひぐらしが鳴き
吹き上げる風に涼しさを感じると
長かったようで
あっというまに過ぎ行く季節が
名残惜しく
どこか取り残されたような
心もとない気持ちにさせられます

そんな夏と秋のあいだにある
お洋服の展示会がはじまります

kaksi「夏のおわりと 秋のはじまり」
9月14日(土)〜23日(祝・月)

完全受注でお洋服を作るkaksi
彼が、知り合いのおじさん2人が演奏する「夏が終わる」という曲のカバーを聴き、すばらしかったそうです

それがきっかけで
「季節の変わる瞬間を服にしたいなあ」
と考えながら作った服達の展示会です

DMの写真は季節のかわる儀式中だそうです

展示会に出る服の色はすべて草木染めです
男サイズと女サイズの上着と男女はけるパンツ、
巻きスカート、ワンピース、 シャツ
それに用意出来る分だけのエプロンは、その場でお買い求めいただけます

基本的に注文制なので
色、サイズは要望にお答えして、その方のために作ります
出来上がりは1月中になります

既製服にはない
自分の好みに合わせた
自分のためだけに作られたお洋服

ぜひぜひ足をお運びくださいませ



< kaksi プロフィール >
2010年荻窪の6次元の店主に声をかけられ
エプロンをつくったところからブランドがスタート。
主に素材はリネンを使っています。
完全注文服スタイルです。